秘書として働くなら正社員になろう|将来安泰

コンテンツ一覧

条件で比較をする

バス

サポート体制を確認する

バスの運転手の求人では、大型二種免許を持っていない人も応募できる場合があります。基本的には、大型二種免許を所有していることが前提の求人が多いのですが、取得費用を助成してくれるところもあります。そして、路線バスや貸し切りなど種類がありますが、どのタイプなのかをしっかりと確認することが大切です。ちなみに、バス会社によって車両の大きさや設備も違い、自分の希望に添えるかもポイントになります。特に、バスの種類ではマイクロバスから大型バスまであります。どのバスの運転手になりたいのかもよく考えておくことが必要です。実際に求人を見ていると、先ほどもあったように免許取得費用の助成などがありますが、雇用条件や勤務形態や福利厚生をチェックしておきます。雇用条件に関しては、正社員や契約社員がありますが、嘱託として求人が出ている場合があります。それによって、勤務時間や給料が異なります。勤務時間は路線バスの運転手の場合朝早く4時などから運転をすることもあります。そして、チャーターの場合には時間に関係なく運転することが多いため、交代制が取られています。そのため、労働時間に見合う給料や手当があるかも決めるポイントになります。給料に関しては、経験や免許などによって異なりますが、相場としては年収400万円ほどになっています。それに加えて大切なことが、サポート体制が整っていることです。入社後の研修があり、心得や運転するときに気を付けることなどを教える仕組みが整っていることが大切です。そして、路線バスの場合には運転手自身が実際に路上を走らせますが、技術力を向上させるための訓練や講習が実施されているところを選びます。バス会社によって運転する車種や条件も違うため、複数の求人を比較したり会社を調べることが大切です。