鏡を見る人

シミが気になるなら美容液を違うものに変えてみよう

今あるモノを消したいなら

女性

ターンオーバーで追い出す

皮膚の中でチロシンとチロシナーゼが作用し合うことで、シミの原因であるメラニンが生み出されます。美白化粧品のなかにはそのプロセスに着目して、チロシンよりも先にチロシナーゼと結合する成分を配合し、メラニンの生成を抑えるタイプも見られます。この作用に特化した化粧品は、新たなシミを作らせないことには効果を発揮しますが、できてしまったシミに対して効果を期待することはできないかも知れません。ですから、今あるシミを何とかしたい場合は、そのタイプの美白化粧品で新しいシミの発生を防ぎつつ、新陳代謝を促進する成分が入っている美容液などでケアする必要があります。肌細胞は皮膚の奥深くで日々作られており、できあがった細胞は、次に生成された細胞により、少しずつ表皮へと押し上げられていきます。同様の流れを続けることで、表皮に到達した細胞は、最終的に役目を終えた不要物として体から追い出されるのです。その一連のサイクルがターンオーバーですが、これが効果的に行われれば、メラニンが沈着した細胞も表皮まで追いやられてはがれ落ちます。既存のシミはこの改善方法が理想的ですから、新陳代謝であるターンオーバーを促す美容液が魅力的になる訳です。また、ターンオーバーは皮膚が潤っていてこそ効率的なサイクルを望めますので、化粧水よりも美容液が最適になります。美容液で素肌の表面に潤いの膜を作り、皮膚内の水分蒸発を防ぐことが大切です。そこでシミ対策では、胎盤エキスのプラセンタが入っている美容液が良く、ターンオーバーの活性化や、優れた保湿効果などを期待できます。